死後事務委任契約

死後事務委任契約について

こんな
お悩みはありませんか?

Question

身寄りがなく葬儀を上げてくれる人がいない…
自分の死後の手続きに関して、誰にも迷惑をかけたくない
自分の財産をお世話になった人に譲りたい…

死後事務委任契約とは?

死後事務委任契約とは、「死後の様々な事務手続き」を生きている内に、誰かに委任しておくことができる制度です。

人が死亡すると、葬儀、施設利用料等の支払い、行政機関への諸届出、遺品の整理・処分etc・・・のような様々な手続きが発生します。
これらの手続きは、一般的に親族が行いますが、身寄りのない方は当然誰もしてくれません。そのため、生前に「死後事務委任契約」をしておくと安心です。

死後事務委任契約と遺言の違い

死後事務委任契約遺言は、似ているようで大きな違いがあります。

遺言は、主に財産承継に関することを記載するものです。つまり、不動産や預貯金等の財産を誰に相続・遺贈させるかという内容になります。遺言に記載して効力が認められるものは法律で決められており、死後の細かい事務手続きに関しては、記載しても法的効力がありません

それに対し、死後事務委任は契約なので、財産承継以外のことなら自由に内容を決めることができます。遺言では法的効力が認められない事柄を、細かく決めることができるのです。

   遺言       死後事務委任  
財産承継に関すること  
(不動産・預貯金等)
財産承継以外に関すること
(葬儀、施設利用料支払い等)

つまり死後のことを包括的に決めておきたいなら「遺言」「死後事務委任契約公正証書」を併せて作成しておく必要があります。

 

ご利用者様の声

死亡後の遺族・関係者への通知・連絡、死亡届の提出、葬儀や納骨に関する事務、公共料金・新聞・保険等の解約、自宅建物の解体などの死後事務委任契約を締結させていただいた方より

と感謝の言葉をいただきました!

このように、自分の死後のことを「死後事務委任契約」し、決めておくことで、悩みを解決することが出来ます!!