法人後見ってどういうこと?

新潟県で、独り身のご高齢の方・障害のある方の財産管理等の手続きをお手伝い!

成年後見業務を担当しております司法書士法人トラストの番馬勝子です。

 

法人後見とは、後見人が法人である場合のことをいいます。

司法書士法人、社会福祉協議会、社団法人、NPOなどの法人が成年後見人、保佐人もしくは補助人(以下、「成年後見人等」といいます。)になり、判断能力が不十分な人の保護・支援を行うことを言います。

専門職後見人の場合、弁護士・司法書士・行政書士等個人の資格で成年後見人等に就任することが一般的ですが、個人の後見人の場合は被後見人の入院手続等急な対応が必要な場合に既に予定が入っていると対応が難しいことがあります。

トラストは法人であるため法人後見となります。法人後見は法人の職員が支援を行うことができるためチームで被後見人等を支援します。

トラストでは経験豊富な司法書士を軸に成年後見チームのスタッフが訪問・各種手続きや銀行の出金業務等に当たっております。

被後見人等のご家族や福祉関係者からは、「法人後見は対応してくれるスタッフが複数いるから入院等の急な手続に対応してもらえる!」「豊富な経験知識をもっている!」、「日用品等の買い物が頼みやすい!」等のお声をいただいております。

トラストではチーム一丸となって被後見人のご支援をしております!