【長谷川式簡易知能評価スケール】はせがわしきかんいちのうひょうかすけーる

認知症検査で使用される知能検査の一つ。記憶力を中心とした認知機能障害の有無を大まかに知ることを目的としていて、MMSE同様医療の現場で広く使われています。