【法定後見制度】ほうていこうけんせいど

判断能力が不十分な方のために、家庭裁判所が援助する人を選任する制度です。判断能力の程度に応じて、後見、保佐、補助の3つの類型があります。