【任意後見制度】にんいこうけんせいど

ご本人が元気なうちにあらかじめ自分の判断能力が衰えた場合に備え、財産を管理してもらったり、介護その他の契約を結んでもらったりすることを信頼できる人に公正証書でその内容を頼んでおくという制度です。